koyoweblog in はてなブログ

今のところ、2010/10/11 までの http://d.hatena.ne.jp/sasashin の記事をインポートしただけです。

New Balance Minimus MT20 買いました。

要は『BORN TO RUN』にかぶれたんでしょう?というわけでベアフットランニング用のシューズ、MT20 を買いました。買ってから知ったのだけれど、型番 MT はトレイル用らしい……ロードでも大丈夫みたいだけど。

今まで履いてたアシックス ゲルカヤノ(2008年製)に比べると、とにかく軽い。アッパーが薄い。ソールも薄くて前後でソールの厚みが変わらない(ゼロドロップ、とかいうらしい)。おまけにヒールカウンターがないのでヒールロック結びができない。

「初心者はソールの厚いシューズでで安全に走りましょう」てのと真逆の作りですが、実際に履いて走ってみたら、思ったより違和感がない……のは、元々ヒールストライカーじゃないからか。*1

ただ、違和感はないんだけど、足裏のどこで着地したのかよくわかるのはこれまでのシューズとの大きな違い。土踏まずのアーチの腹の部分の前寄り(ミッドフット)だな、とか、アーチの節の部分=拇指球(フォアフット)だな、とか。何にも考えないで走るとミッドになっちゃって足底筋痛まで一直線コースと思われるので、なるべくフォアフットを意識した着地を決める……と、衝撃を吸収するためにふくらはぎの筋肉が緊張する。おお、なんか面白い。

製品タグに「いきなりがっつり走ると故障するから気を付けろ」的なことが書いてあったので、スローペースで2.5kmほど走って初回終了。意外とフォアフット走法ちょろいな。

とか思ってたのですが、翌日にがっつりふくらはぎ筋肉痛きました。ただ、そもそも走ったの何か月ぶりだよ、というレベルなので、フォアフットのせいなのか運動不足のせいなのかよくわかりません。まあ、筋肉痛がくるのが翌々日とか翌々々日とかじゃなくて良かったんじゃね?

という感じで走るの再開しようと思いますが、5.5分/km まで戻るのはいつの日か……。

*1:ジョギング始めて1か月で膝を故障したので、なるべく膝に負担のないように意識してミッドフットストライクなフラット走法をイメージして走ってました。おかげで膝は無事だったけど、たまに足の裏、土踏まずのあたりが痛むことがあったのだった。