koyoweblog in はてなブログ

今のところ、2010/10/11 までの http://d.hatena.ne.jp/sasashin の記事をインポートしただけです。

『新ロードス島戦記 6 <span class="subtitle">終末の邪教 下</span>』<span class="note">(水野良)</span>

新ロードス島戦記〈6〉終末の邪教〈下〉 (角川スニーカー文庫)

新ロードス島戦記〈6〉終末の邪教〈下〉 (角川スニーカー文庫)

ロードスという名の島がある。アレクラスト大陸の南に浮かぶ辺境の島だ……

というわけで、マーモの住人にはベルドと比較され、読者にはパーンと比較され続けた不幸王・スパークの物語もこれにて完結。『ロードス島戦記』『ロードス島伝説』と続いてきた《ロードスサーガ》もこれにて終幕。最終巻なのに、スパークとニースの「世界の終末で愛を叫ぶ」(あとがきより)になってるのが少しアレですが。リーフが健気すぎてもうどうしていいやら。

クライマックスは上巻で、こちらの下巻は後片付けといった感じ。スパークの試練もニースの奇跡も、似たようなことを前にもやってるのでインパクト弱し。前回スパークがぼろぞーきんのよーにやられてしまった対ラスボス戦も、ロードスの騎士・パーンのおかげで楽勝だし。もうちょっとほら、盛り上げていこうよ、という気がしないでもありません。

だがしかし、そんなことは心の底からどーでもいいことなのです。ちゃんと完結した、ということが重要。